管理部門がなぜプログラミングを勉強すべきか〜これからの三種の神器【英語】【プログラミング】【会計】〜

業務効率化
Business, Technology, Internet and network concept. Young businessman working on a virtual screen of the future and sees the inscription: accounting
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク
もしも_楽天

読んで欲しい人

  • プログラミングに興味がある人
  • 仕事がなくなるのではないかと懸念している管理部門人材
  • めんどくさいことが嫌いな管理部門人材
  • プログラミングが話題になってるけどなぜって人

管理部門がプログラミングを習得するメリット

管理部門、特に経理部門が、プログラミングを勉強するメリットは主に以下の2つにあると思います。

会計+プログラミング人材になれる

市場価値の構成要素となる、人材の希少性はスキルや経験の掛け合わせで高まるものと言われています。ただ、あくまで市場価値は需要と供給で決まるものであり、自分のキャリアの延長線上だけで考えても市場から評価が高くなるというものではありません。

そのような前提の中で、昨今日本はRPAブーム(個人的には変に業務を固定化してしまうRPAはそこまで好きではないのですが)の渦中にいると思います。RPAの多くはJavascriptベースでD&Dして条件分岐をつけるものが多いイメージです。そんな環境下で、自分で条件を考えて処理できる管理部門人材は、単に管理部門に長く勤めてました人材よりは価値が高い(引き合いが強い)と思いませんか?

ただ、RPAに限った話で言えば、プログラミングが全てではないと個人的には思っています。むしろ業務プロセスを最適化できる人材の方が価値は高いでしょうが、急にそんな人材になることは難しい(経験がたまりにくい)と思います。

他方で、プログラミングは自己学習でスタートできる簡易さがあります。また、2つ目のポイントにもなりますが、管理部門には定例化されたタスクが多いのです。RPAがなくとも擬似RPAが作成できるようになれば、RPA入れるコスト分の一部を私に払ってくださいという形で、市場価値が高まる気がしませんか?

市場価値が確実に高まる方法というのは、市場のニーズが変遷していく中で存在しないと個人的には考えますが、それでも文系の多い管理部門の中で自分が業務で使う範囲のプログラミングができることは一つの優位性であると言えます。

管理部門には定例化されたタスクが山のようにある

市場価値を上げるためにプログラミングを勉強しようと思っても、実際動くものが作れないと初期学習時代の辛さを乗り越えることは難しいでしょう。また、習熟度を高めていくにしても、実務で処理したい対象があることは非常にメリットになります。

その点、管理部門はある種のルーティンワークが多く残っていること、初学者でも対応しやすい簡易な自動化案件が多いことが学習上のメリットになります。こんなタスク目の前に転がってませんか?

  • 毎月定例のメールを送る(経費申請・決算資料のリクエスト・定例MTG開催の連絡など)
  • 送られてきたデータを転記する
  • 毎月同じフォーマットの資料を作成する(月次報告・役員会資料・進捗報告など)
  • 請求書のような外部向け資料を作る

数え上げればキリがないくらい、前週・前月・前年と同じことを繰り返していく必要があるのが管理部門です。同じことが繰り返されるということは、一度自動化にトライしてしまえば、データフロー等が変わらない限り、自分の業務も楽になりプログラミングの勉強にもなります。

よく、優秀なエンジニアは面倒くさがり屋であると言われています。エンジニアリングにはDRY原則(実際の意味合いは違い、OAOO原則に近いニュアンスでここでは使います)というものがあり、Don’t Rpeat Yourselfの略ですが、純粋に管理部門のタスク全体をコード群と考えると反復されるものが多いですよね?反復は一箇所に集約することがメンテナンスも楽じゃないですか?

楽すること、単純作業・やりたくない作業を減らすこと、は働き方改革の流れでも必要な要素ですし、それがプログラミングの勉強にもなる環境という点で、管理部門は非常に学習の場としていい場所だと言えるでしょう。

管理部門でも勉強しやすいプログラミング言語

では、どんな言語を取得するのが管理部門人材として相性のいいのでしょうか?

山ほどあるプログラミング言語の中で、実際管理部門で利用できる言語(短期的に学習できて、取得後効果が感じやすい)は限られています。個人的には始めるべき選択肢としては、以下の3つに絞られるかなと思っています。

管理部門で利用しやすいプログラミング言語
  • VBA(エクセルなどの自動化)
  • GAS(Google apps script/ Google workspaceで提供されるgoogle servicesで活用できる。Javascriptがベース)
  • python(スクレイピングやレポート作成の自動化など)

その中でも、個人的にはGASとpythonの2つをお勧めします。

VBAが実際はユーザ数も多いのですが、どうもMSさんが力を入れている感じがなく、中長期でクラウド利用が進んでいく場合、pythonやGASの方が幅広く利用できるようになっていくと考ええているからです。GASはGAS自体もそうですが、Javascriptの基本も取得できるという意味でお勧めしています。

GASの勉強方法

GASの勉強については、基礎的な部分は以下のブログが一番いいと思っています。

いつも隣にITのお仕事 | 毎日の業務が楽チンに!
Excel、iphoneアプリ、Evernote、その他WEBサービスなどのさまざまなITを活用して毎日のお仕事を楽しく快適にする技や情報をお届けします。できるだけ初心者の方でも簡単に日々のお仕事にご活用いただけるように記事を書いていきたい思います。

隣ITというブログはGAS界隈では非常に有名です。そして、このブログオーナーの高橋さんが書かれている以下の書籍も網羅的に初期に勉強するにはお勧めです。

また、私も所属しているノンプロ研というコミュニティでもGASは活発に利用されており、コミュニティにGAS強者が多くいますので、活用すれば非常にいい環境です。

コミュニティ「ノンプログラマーのためのスキルアップ研究会」についてのお知らせ #ノンプロ研
ノンプログラマーがVBA・GAS・Pythonなどのプログラミングを学ぶコミュニティ「ノンプログラマーのためのスキルアップ研究会」が絶賛活動中です!本ページはコミュニティの情報発信をしていく特集ページです。

一応私のblogもGAS関係の記事を書いていますが、総花的に基礎的な内容を説明している訳ではなく、最低限かける人ように実際に活用できる方法を紹介しています。なので、上記の書籍やblogなどで基礎的な部分を学習されてから活用してもらえると嬉しいです。

GAS

GASを利用した自動化や省人化の方法、業務を楽に&2度同じことをしないをkeywordに実際の実装例を紹介

これからGASを勉強したい人向け勉強方法5選

勉強方法5選を紹介しています。勉強方法の紹介やメリットデメリット・コスト感含めて解説しています。

Pythonの勉強方法

さて、もう一つ個人的にお勧めなのが、pythonです。

pythonはウェブサービスの開発でも、機械学習などの分野でも活用されているプログラミング言語です。それだけ聞くと難しそうに感じますが、他の言語より多くのライブラリが提供されており、また学習も比較的容易(ある程度動かせるようになるまでの学習時間が短い)です。

Pythonの勉強は、今は多くのオンライン学習ツールが提供されています。シンプルに一から始めるなら、PyQ(python特価のオンライン学習ツール)かProgateの二択でいいです。

基礎的な部分を上記で勉強してもらった上で、このブログで紹介しているpython記事も是非活用してください。

Python

pythonを使ってちょっとしたWeb機能の実装や自動化例を紹介

pythonを勉強するお勧めの方法紹介

pythonを勉強するためのお勧めの方法をまとめました。上で、紹介したPyQやprogateも含めて紹介しています。

まとめ

今回は、【管理部門がなぜプログラミングを勉強すべきか〜これからの三種の神器【英語】【プログラミング】【会計】〜】として、管理部門でのpythonやGASの勉強メリットと、その勉強方法を紹介してきました。

いつかは英語の勉強方法も紹介したいですが、こちらは自分もまだまだなレベル(TOEIC900点超えて、最低限ビジネスEnglish対応できるかなというレベル)なので、あまり私が書く意味もないかもと思いますが。

皆さんも、少しずつでもプログラミング始めてみませんか?

タイトルとURLをコピーしました