Linuxにおけるアクセス権などの確認方法~ ls -laコマンド~

この記事は約3分で読めます。

linux関係でls-laをやったときに表示される結果について、初心者エンジニアから質問されたので、一応メモとして残します。

Linux command: ls -la とは?

lsコマンド

lsコマンド: :実行時のディレクトリに存在するフォルダ・ファイル一覧を表示するコマンド

例えば、/usr/フォルダで実行すると、

> cd /usr/ #ユーザフォルダへの移動
> ls #ユーザフォルダでのlsコマンド実行

実行結果(フォルダ・ファイル一覧が表示される)

【実行結果】
X11 bin libexec sbin standalone
X11R6 lib local share

-la部分は何?

-がつく部分は基本的にオプションです。この場合は、1行表示と、隠しファイル(通常のfolderとかでは隠されているファイル)を含む表示。

-l: 1行表示オプション(アクセス権・グループとかも表示されるようにできる)
-a: 隠しファイルを含んで表示されせるオプション

では実際/usr/local/var/へ移動して、ls -laを実行してみます。

> cd /usr/local/var
> ls -la
[実行結果]
 total 0
 drwxrwxr-x   7 sugimurakazuya  admin   224 11 25 02:03 .
 drwxr-xr-x  15 root            wheel   480 11 23 14:57 ..
 drwxr-xr-x   4 sugimurakazuya  admin   128  5 29  2018 homebrew
 drwxr-xr-x   3 sugimurakazuya  admin    96 10  9 17:49 log
 drwxr-xr-x  19 _mysql          _mysql  608 11 25 03:23 mysql
 drwxr-xr-x   4 sugimurakazuya  admin   128 10 11 12:01 run
 drwxr-xr-x   4 sugimurakazuya  staff   128  8 13 21:46 www 

ざっとこんな感じで、表示される。一番左側にある、10桁のdrw…が何を意味しているのかが、今回のアクセス権周りの話。いわゆるchownで変更しているのは、ここら辺。

アクセス権限周りの見方を覚える

一番左に表示されているdrwx.. がアクセス権周りの話。意味合い的には、以下の2つに大きく区分される。

1桁目:ファイルかフォルダ(ディレクトリ)か。ファイルの場合は、”-“が表示される。ディレクトリの場合は”d”が表示される。

2~10桁目:3✖️3に分解できる。最初の3つがユーザ、次の3つがグループ、最後の3つがotherとなる。そして、それぞれのカテゴリで、1つ目: read読み取り権限、2つ目:write書き込み権限、3つ目: x(exucecute)実行権限

usrusrusrgroupgroupgroupotherotherother
rwxrwxrwx

という感じ。”-“になっている部分は権限がない事を意味している。

ついでにアクセス権限変更 ~chomd コマンド~

chmod アクセス権 ファイルまたはディレクトリ名

<chmodコマンドで使用できる記号>

操作対象u所有者
g所有グループ
oその他ユーザー
a全てのユーザー
権限操作+アクセス権の追加
アクセス権の削除
=アクセス権の指定
アクセス権r読み取り可能
w書き込み可能
x実行可能

そもそもフォルダ・ファイルの所有者権限を変えたいときは、chownで変更ですが、それはまた別の機会に。

コメント