TDnetから自分の欲しい情報だけを自動通知させてみよう

API関連
この記事は約10分で読めます。

さて、ご無沙汰してました。

なんか毎年変な時期に忙しくなるんですよね、定例業務ではないいわゆる新規が降ってくるのですが、その新規が大体一癖ある案件ばかりで今年もそんな感じでドタバタの3週間を過ごしていました。そちらに関しては、今回の記事とは全く関係ないのですが、いい勉強になったので後日別記事にしたいなと思っています。

今回はTDNetから自分の欲しい情報だけ取得して通知したいという個人的な願望に答えるための記事になります。

スポンサーリンク

TDnetって何?

TDnetって何?という人のためにまずはTDnetの基本的な話から初めて行きます。

TDnetの概要

東証のHPから引用してきています。

TDnet(Timely Disclosure network)は、より公平・迅速かつ広範な適時開示を実現するために、上場会社が行う適時開示に関する一連のプロセス、すなわち東京証券取引所(以下「東証」という)への事前説明(開示内容の説明)、報道機関への開示(記者クラブや報道機関の本社の端末への開示資料の伝送)、ファイリング(開示資料のデータベース化)、公衆縦覧(開示資料の適時開示情報閲覧サービスへの掲載)を総合的に電子化したシステムです。

上場会社は、有価証券上場規程に基づき会社情報の開示を行う場合は、必ずTDnetを利用することが義務づけられています。また、任意で会社情報を開示する場合においても、投資者への情報の周知性に配慮し、できるだけTDnetにより開示することをお願いしています。

https://www.jpx.co.jp/equities/listing/tdnet/index.html

TDnet(Timely Disclosure network)は、上場会社が適時開示要件に該当する事象が生じた場合に、開示が必要となる適時開示情報という物を集約して集めてくれる開示ツールです。

似たものにEDINETってありますが、あちらは適時開示ではなく法定開示(有価証券報告書や四半期報告書など)書類が集まっています。

TDnetを使うのに便利なAPIの紹介

さて、手取り早いのはスクレイピングなんでしょうが、iframeで作られたTDnetさんのスクレイピングは作るのが少し手間なので、まずはofficialのAPIが提供されていないか確認してみましょう。

TDnet official

パッと見つかるのが以下ですかね、有料だしAPIじゃないし。。。

レファレンス情報 | 日本取引所グループ
日本取引所グループは、東京証券取引所、大阪取引所、東京商品取引所等を運営する取引所グループです。

ThirdParty

これいい感じですね、2016年くらいにXBRLの勉強会で発表されていたやつかと思いますが、まだ動いていました。今回はありがたく以下を使っていきましょう。

東証TDnet WEB-API by やのしん

なんとこのかたの自作pjはEDINETにも対応し始めているみたいです。そちらもいつか触ってみたいですね。

Yanoshin_APIを使って当日の開示資料を100件取得してみる

タイトルとURLをコピーしました