スプレッドシートの基礎〜ArrayFormula関数とvlookup関数を併用しよう〜

スプレッドシート
この記事は約3分で読めます。

さて、以前Arryaformula関数について、そのメリットや使い方の基本を解説しました。読まれていない方は以下の記事もどうぞ。

今回はarrayformula関数にvlookupを併用していきたいと思います。arrayformulaは懐の深い関数で、基本的にいろいろな関数を受け入れてくれます。

そして、前回の例で挙げたようなシンプルなsumではなく、vlookupと相性がいいので、是非慣れてみてください。使い方の基本的な考え方はどの関数を併用する場合でも、大差ありませんので。

Advertisements

おさらい:Arrayformula関数の基本

基本的な構文

ARRAYFORMULA(配列数式)

関数のサンプル(sumの場合、四則演算の場合)

ARRAYFORMULA(SUM(IF(A1:A10>5, A1:A10, 0)))

ARRAYFORMULA(A1:C1+A2:C2)

Arrayformula関数でvlookupしてみよう

vlookupの構文を思い出してみよう

vlookupの構文は以下ですね。

VLOOKUP(検索キー,範囲, 番号, [並べ替え済み])

この検索キーの部分をArrayformulaと一緒に使う時は変更していきます。A1、B2のようなセル単位での検索がセル毎にvlookup関数を利用する場合は前提になりますが、Arrayformulaを使えばドバッと一気に行けます。

Arryafomula関数内でvlookupを使ってみよう

ざっというと以下のような感じになります。検索キーを検索範囲に変える感じです。

ARRAYFOMULA(VLOOKUP(検索範囲,範囲, 番号, [並べ替え済み]))

正直文字で見るより、実例をみた方がイメージが湧きやすいと思いますので、サンプルをみていきましょう。

Arrayfomula関数でvlookupを使う方法〜サンプル〜

実際にvlookupとarrayformulaを組み合わせると以下のようなことが可能です。

arrayformulaとvlookupを併用

範囲内のvlookupが一括で処理されていますね。希望通りの所作ができました。

実際に利用したSSをいかに公開しておきます。

arryaformula vlookup - Google ドライブ

Arrayfomula関数でvlookupを使う方法〜関数の構築〜

以下のような形で関数がF2セルに作成してあります。

=ARRAYFORMULA(VLOOKUP(E2:E12,B:C,2))

先ほど紹介したように検索範囲の部分を、単一のセルではなく、E2:E12とすることで、実行結果もF2:F12まで展開されます。

まとめ

今回はarrayformula関数でvlookupしてみました。

関数の指定範囲をレンジ化することで、自動的に展開してくれるarrayformulaは非常に便利です。

毎回セルに計算式を入れて、オートフィルで対応されていた人はメンテナンスの簡易化のためにもarryaformulaに是非乗り換えていただければなと思います。

関連記事: arrayformula関連記事

google spreadsheet で利用するarrayformula関数関連記事です。arryaformulaの基本的な概念から、実際に他の関数との組み合わせ方を紹介していきます。

  1. スプレッドシートの基礎の基礎〜ArrayFormulaの初級的使い方とメリット〜
  2. スプレッドシートの基礎〜ArrayFormula関数とvlookup関数を併用しよう〜

コメント