Python

python: speech to text APIを利用して音声認識ファイルを文字起こし〜シリーズ2 手順説明〜

pythonで音声認識と文字起こしを行なっていきます。今音声認識や文字起こしはノンプロでも利用できるくらいに多くのAPIが提供されています。ぜひ、音声認識や文字起こしに慣れていってください。今回はGCP側の設定やPC側の環境設定を説明させていただきます。
Python

python: speech to text APIを利用して音声認識ファイルを文字起こししてみよう

pythonで音声認識と文字起こしを行なっていきます。今音声認識や文字起こしはノンプロでも利用できるくらいに多くのAPIが提供されています。ぜひ、音声認識や文字起こしに慣れていってください。今回は全体像、ゴールイメージ、依存ライブラリを説明させていただきます。
雑記

macOSアップデートしたらgit initが動作しなかった場合の対応

gitでエラーを起こした場合の対応説明です。ケースとしては、macOSをhighsieraからmojaveにアップデートした場合に、xcrun: error: invalid active developer path (/Library/Developer/CommandLineTools)と表示されるケースです。
経営管理

スタートアップ:会社を設立する際の留意事項

スタートアップが会社を設立するにあたり、最初に少なくとも検討しておいて欲しい2つの項目を解説しています。創業株主間契約と初期株式発行数の2点です。両方とも難しい話ではないですが、あとあと組織運営の融通や創業メンバー退職時の生株の取り扱いとかで揉めることを避けましょう。
経営管理

株式新規上場(IPO)に係る監査事務所の 選任等に関する連絡協議会報告書が公表されたので読んでみた

株式新規上場(IPO)に係る監査事務所の 選任等に関する連絡協議会報告書が公表されたので読んでみました。3回の協議会実施ということで、だいたいゴールは決まっていた内容なのかなという感想。中小事務所や個人がどの程度これから活用されていくのか、なかなか進まないとは思うが期待。
Python

python 間違えやすいbool演算の戻り値について理解を深める

bool演算(真理値)で実際の値を戻り値として取得する場合に、それぞれどの値が返されるのかを説明しています。pythonでbool型をTrue/Falseのチェック以外で戻り値として利用する場合に適切に理解しておかないと、想定外の挙動となってしまうポイントの解説です。
経営管理

新型コロナによる影響を踏まえた東証の上場審査における対応方針

東証から本日2020年3月18日付けで、新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえた対応方針の概要、というドキュメントが出ています。その内容と、本日現在で自分が感じている今のスタートアップの状況や動きを簡単にまとめてみました。
GAS

GASで自作ライブラリを作成してスクリプトを使い回す方法〜第4回 ライブラリ作成時のtips・注意点〜

GASで外部ライブラリを利用する方法、そして、自作のライブラリを公開してスクリプトを使い回す方法の紹介です。共通で使える関数を考えたらライブラリ化して公開ファイルに保存しておくことで、使い回しが可能になります。今回はライブラリ作成時のTipsや注意点の説明です。
GAS

GASで自作ライブラリを作成してスクリプトを使い回す方法〜第3回 自作ライブラリの作成方法〜

GASで外部ライブラリを利用する方法、そして、自作のライブラリを公開してスクリプトを使い回す方法の紹介です。共通で使える関数を考えたらライブラリ化して公開ファイルに保存しておくことで、使い回しが可能になります。今回はついに自作ライブラリを作成・利用します。
GAS

fetchAPPで利用されるIP poolを調べたメモ 2020/03/03時点

fetchAppで利用されるIPの一覧を取得する必要があったので、やり方と現在時点の情報をまとめました。fetchappはapp engineを利用して実行されているので、GCPでシェルから利用されるDNS->SPFレコードを一つづつ確認していく必要がありました。
Advertisements