検索の効率化〜グーグル検索の演算子と特殊構文〜

日報

読んで欲しい人

  • 検索の効率化をしたい人
  • グーグル検索を利用してスクレイピングをしたい人
  • SEOのための情報を集める必要がある人
  • urlパラメータの収集をする必要がある人(OauthとかのCliendIdとか)
グーグル検索の効率化で業務効率化

基本演算子

完全一致 “<キーワード>”

キーワードをダブルクウォーテーションで囲むと単語分割されないため、完全一致検索が可能

除外 -<キーワード>

メインのキーワードから、マイナス以降のキーワード部分を除外して検索

例)ゲーム -攻略

ゲームというキーワードから、攻略に関連するものを除外

AND検索 <キーワード> AND <キーワード>

キーワードの間にANDを入れて検索すると、両方のキーワードを含む記事を検索

OR検索 <キーワード> OR <キーワード>

キーワードの間にORを入れて検索すると、どちらかのキーワードを含む記事を検索

特殊構文検索

URL検索 inurl:<キーワード>

キーワードがurlに含まれるものを検索

例)inurl:code_challenge

PKCE対応をしたurlの検索

URL検索 allinurl:<キーワード><キーワード>…

複数のキーワードがurlに含まれているものを検索

Site検索 Site:<ドメイン名>

検索ドメインが持ってるコンテンツ数を調べる(SEOで競合ドメインの記事数を検索する場合)。検索結果で出てきた数が、コンテンツ数

intitle検索 Intitle:<キーワード>

コンテンツのタイトル中にキーワードが入っている数。Site検索とセットにして、当該ドメイン内で、キーワードがタイトルに入っている記事の数を調べる

Intitleつけないkeyword検索の場合

本文中にキーワードが入ってる数を検索。Site検索とセットにして、当該ドメイン内で、キーワードが本文に入っている記事の数を調べる

ファイル検索 filetype:<ファイルタイプ>

管理部門でよく使うケースで、ファイルタイプを指定して検索。欲しいテンプレートやPDF等のレポートだけ検索したい場合に利用。

例)filetype:excel 資本政策

エクセルフォーマットの資本政策ファイルを探す

まとめ

SEOで使うケースとurlパラメータによる検索(パラメータに付与する仕様に関連するビジネスをしている方)向けの検索方法まとめでした。私個人が主に使うものを列挙していますが、まだまだ特殊構文検索はパターンがありそうです。

検索効率向上は業務効率化に欠かせないものになってきています。探すこと自体には価値はなく、入手したデータをどう利用するのかが業務ですので、ぜひ特殊検索構文等に慣れていただき、本質的な業務にかける時間を増やせるようにしていくべきです。

日報
Advertisements
シェアする
ks_Accountingをフォローする
経営管理deプログラミング

コメント