スタートアップの資本政策分析〜FABRIC TOKYO編〜

スタートアップ スタートアップ資本政策
Startup with young man in the night
この記事は約3分で読めます。

気になったスタートアップの資本政策を勉強していきます。

更新は不定期です。元々自分でCFOやるさいにベンチマーク等にしていた会社の資本政策を一部更新しながら公開していきます。

なお、全ての情報は公開情報(上場会社であれば1の部、非上場であれば個人で取得できる範囲)で作成しており、インサイダー的な情報は含んでおりません。また、非上場会社の場合、取得できる情報に制限がある関係上、情報が全て正しいことは保証致しませんので、悪しからず。

Advertisements

対象会社概要

会社名FABRIC TOKYO
サービス名link
URLhttps://fabric-tokyo.com/
Categoryfashion tech
収益モデル物販
住所東京都渋谷区千駄ヶ谷5丁目23-13 南新宿星野ビル6階

役員概要

Board MemberName属性
CEO森 雄一郎代表取締役
CTON/A
COON/A
CFO三嶋 憲一郎トーマツ->エナリス
Other永井研行ニッセイVC
Other渡邉佑規GCP VC
監査役市川貴弘税理士(元大和)

代表とCFOが1名ずつ内部役員。出資VCよりニッセイ、GCPがボードメンバー入り。監査役はニッセイ永井さんの知り合いだったはず。

CTOが置かれていないのが、テックと言いながら、純粋テックではないFABRIC TOKYOの特徴かなと。

ちょっと面白いなと思ったのは、CMOもCOOもいないこと。CEOかCFOが兼ねているのかもですが、2CビジネスなのでCMOは近々置くのかなとも。

キャップテーブル(資本政策)

2019/11/31時点の登記情報に基づく推測です。

時価総額7,629,261,240
累計調達額2,172,300,266
ラウンドD
cap table
注)平成29年4月に1000株:1株の分割をしていますので、平成29年4月以降は実際は1000倍した株式数です。

直近時価総額76億までいってるんですね。D2Cの筆頭として高い評価を受けているようです。

気になったのは、2回の減資。たぶん累積の赤字を消しているんだと思うので、調達したお金は順調にとかしているようです。近いうちに上場も視野に入れているんですかね。

店舗開設等の費用もあるはずなので、結構コストかかるモデルですね。元Fashion tech系でCFOやっていた身からすると、この領域は工場→ブランドの間よりも、ブランド→消費者間の方が圧倒的に利幅乗せが多いので、D2Cは相性いいかなぁと思います。在庫持たなくて済むのであれば、在庫分のキャッシュが寝ちゃうこともないですし。

ラウンド間隔

ラウンド移行日数年月
seed->A不明
A->B334約1年
B->C174約半年
C->D260約9ヶ月

各回の調達ラウンドが半年くらい続いているので、あくまで前ラウンドの初回入金日から次ラウンドの初回までの期間です。

だいたい1年〜1.5年で資金を回しており、スタートアップ感のある溶かし方かなと思います。

業績

こちらは、公開されているわけではないですが、HPに乗っていたグラフを貼っておきます。

実数は当然わかりませんが、直近は年間400%とか、半年で倍倍(年間400%相当かな)となっているので、直近2年くらいの成長はSaaSのT2D3を超えていますね。ただ、あくまで製造販売なので、どこまで粗利額が伸びているのかは不明です。

感想

順調に伸びてきているなという感じのするスタートアップです。店舗を持つことはIT系が多い自分からするとコスト的には辛いところなんですが、実際のお客さんとのF2Fのコミュニケーション機会が増えることで、いわゆるCS的な部分の強化が進みやすい気もします。

Fashion techは個人的趣味で置い続けていくので、今後も何社か登場予定です。

コメント